--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/96-0ec3788e

10/03

僕の両親は昔、僅か20才と19才という若さで生まれたばかりの
僕を育てながら食堂と下宿を経営していました。
まだ若かったという事もあったと思いますが短気で喧嘩っ早い父。
喧嘩で刑務所に入った経験もあります。渓流釣りが趣味で釣り
ばかりしてあまり遊んでもらった記憶がありません。
母は言葉は悪いですがアバズレ女という感じであまり常識のある
人ではありませんでした。丁度僕が小学校にあがる頃
夫婦仲が悪くなりました。

母はいつの日か飲み歩くようになり、酔っ払って帰ってきては
いつも毒を付くというありさまでした。そのうち母は何度も家を
飛び出しいつも行方不明になりました。見つかって家に戻っても
また家出を繰り返すのでした。

僕はまだ母親の愛情が必要な年齢だったので当時はとても寂しい思い
をしました。いつも見送ってくれる人も無く学校に行く足も重かった。
参観日や行事には自分だけ誰も来ない。運動会の練習の時は何度も
涙がこぼれました。

その頃の忘れられない思い出として父が夕飯を運んできてくれた
時の事。父は手を滑らせて味噌汁のお椀を倒してしまいました。
その時父はテーブルを思いっきり叩き怒鳴り声をあげました。
子供ながらに父の辛い気持ちが心に突き刺さった出来事でした。

もう一つ母に土下座をして帰ってきてくれと頼む姿。
あの短気な父がです。それは僕や弟の寂しそうな日常を見かねての
行動だったのか、幸せな家庭を取り戻したいという強い願いだった
のか。その思い出は今でも僕の心に深く刻まれていて僕ら夫婦の
何度かあったもうダメかと思うほどの危機的な時期を乗り越えてきた
支えというか力になりました。最後まであきらずに頑張ってきて
今の僕の家族の幸せがあるのは父が見せてくれた生き様のお蔭です。

ある日、母は知人にある信仰宗教に誘われ通うようになりました。
そこで法華経というお釈迦様の説いた教えを学ぶようになりました。
ほどなく父もそこに通うようになりました。母はそんな器も無いのに
役をつけられ色々な悩みや苦しみを抱えて訪れる人の為に力になる
ため努力するようになりました。父も法華経の教えに魅せられ色々な
人の為に自分を役立てる人生を歩み始めました。

来る日も来る日も父と母は自らの幸せなど考える暇も無く人の為に
力を注いできました。そして父と母は変わりました。
家庭も円満になりました。今は信仰は引退していますが今では息子
である僕も一目おくほどの人格者です。

ここで一つ知ってほしい事があります。父と母はなぜ変わったのか。
そして幸せな人生を歩めるようになったのか。

それはけして特定の信仰宗教に入信したからでは無いという事。
それはただのキッカケで自分の生活も顧みず多くの悩みや苦しみを
抱える人の為に自分を役立てて来た結果なのです。人間は我を忘れ
人の為に自分を役立てれば役立てるほど人間性が磨かれていきます。
スピリチュアルな専門用語で言うと霊性が磨かれていくという事。
そしてその行いがめぐり巡って自分の所へ幸せとして帰ってくる
のです。実はこれは自然の摂理(法則)の一つです。

もう一つ、どんな宗教ももとは自然の摂理(法則)がもとになって
いてそこに人間的なものが付加されたものが宗教。だから教えの中
にズレや間違い、自然の摂理とは関係ないものも存在していて
盲目的な信仰になると色々な問題がおきてくる事が多い。
だから信仰を持つ人に求められるのは何でも頭から信じるのではなく
自らの道義心に照らし合わせ自分が正しいと思う事を信じる事が
大切なのです。

両親が幸せになれたのは自らがやっていた法華経にも純粋な
自然の摂理(法則)が多く存在しており、それに調和した生き方を
してきた結果だとも言えるでしょう。

僕の人生哲学であるスピリチュアリズムとも共通した教えもあります
がズレもありますので両親と議論すると噛み合わない部分もあり
ケンカになる事もあります(笑)それでも僕は人の為に努力してきた
両親が誇りであり尊敬しています。両親も僕の今の活動を言葉では
語らずともリスペクトしてくれているよう。

実は僕の父親は人生で三度、難病や病気になった事があります。
最初は若い頃、甲状腺の病気で体の自由がきかなくなる難病になり
治らないと言われていましたが、克服した経験があります。
もう一つは頭蓋骨と脳の間に血がたまる病気になり、後遺症や
死んでもおかしくない状況だったのに手術で奇跡的に回復しました。

3つ目は現在で後で書きますが父がこれほどまでいくつもの難病に
かからなければならなかったのか?
そして何故、奇跡的とも言える回復が出来たのか?

父は若い頃から悪い事もそれないりにしてきたし、釣りと魚のはく製
作りが趣味でたくさんの魚の命を奪ってきました。たぶんそれが
自らに帰ってきているのだと僕は思っています。

僕も父の影響で若い頃釣りが趣味の時期がありましたが
今は辞めました。それはスピリチュアリズム(自然の法則)を学ぶよ
うになり、それがどういう事なのかを知ったからです。

頑固な父ですから、やめろと言ってもやめる人ではありません。
持ち帰って食べてるんだからいいだろうと言います。

じゃあ漁師はどうなの?と思う人もいると思いますが、ポイントは
「動機」なのです。漁師は生活する為、生きる為に必要な仕事として
魚を取り、そして我々消費者は魚の命を頂いている訳です。
でも釣りはいくら食べると言っても動機が趣味であり、釣ることが
動機でここに大きな違いが生まれるのです。趣味の為に魚に痛い
思いをさせ、命を奪う事は良い事ではないと言う事です。

釣りの趣味の方も多いと思いますがスピリチュアリストとして
アドバイスさせて頂ければ出来ればしない事にこした事はありませんが
自分も経験者ですから釣り好きの気持ちは良くわかります。
魚はリリースが基本。日常をより豊かで楽しく過ごす為に釣りという
趣味を通して魚達に少し痛い思いをさせてしまっているという事を
忘れず感謝の気持ちを持ちましょう。そして意識して人の為に
世の中の為に自分の出来る事で自らを役立てる事。

そして、父の病気になってまで自らに強く帰ってくる原因はもう
一つあります。それは父が法華経を学び自然の摂理に精通した人間
であるという事。知識には責任が伴うのです。自然の摂理を熟知する者
は調和した生き方さえ出来ればその恩恵にあずかる事が出来る反面
逆行した生き方には知らない人の何倍もの罪の代償として自分に
帰ってくるものなのです。

だから僕も悪い事は出来ません。石ころをけっただけでも
上から大きなたらいが落ちてきて「痛って~~!!!」という
イメージでしょうか(笑)僕もたまには頭に血が上って心無い事を
してしまう事もあります。そんな時即座に何倍にも増幅されて
自分に帰ってきます。そこで反省する訳です。
「あーそうか・・・未熟だったなあ、でも痛すぎ><」ってね(笑)

話を父に戻します。では何故、父は難病を2度も克服できたのか。
それは父が歩んできた人生、悩みや苦しみを抱えた人の為に自らの事も
忘れ必死に力になってきた事が難病の克服として自らに帰ってきたと
言えるのではないかと思います。

父は現在、3度目の難病「後縦靭帯骨化症」という脊柱の後縦靭帯が
骨化し増大し脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、神経根が圧迫されて
知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こす病気です。もうかなり
進行していて普通に生活できている事が奇跡なのだそうだ。10月に手術
を予定していますが脊髄という神経の集まるデリケートな場所の手術の
為、札幌からその手術の権威に帯広に来て頂き手術します。
それでも難しい手術で手術後、首が動かせなくなったりマヒなどの
後遺症が残る確率も高いとのこと。

何とか完治してほしい所です。しかし自然の摂理(法則)は絶対です。
そこに恩赦というものはありません。良くも悪くも自身の生き方が
帰ってくるもの。今の自分は過去の自分の生き方の結果であり
将来の自分は今の生き方次第なのです。



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/96-0ec3788e

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。