11/29

私の人生哲学はスピリチュアリズムが基礎になっています。私自身はボランテイア
での肩書きはスピリチュアリストとして活動しています。昨今、スピリチュアリスト
とかスピリチュアルカウンセラーという言葉が良く使われるようになりましたが
人によってはスピリチュアリスト=霊能力者といったような印象を抱く人もいますが
スピリチュアリストは霊能力者の事を言うのではありません。

スピリチュアリストとはスピリチュアリズムを深く理解し、それに調和した生き方を
実践し、かつ、自分とその哲学を人の為に役立てる人の事を言うのです。

ですから、ごく普通の私生活をおくる方でもスピリチュアリストはいますし、霊能力者
の方でもスピリチュアリストはいます。スピリチュアルカウンセラーという言葉は
江原啓之さんが最初に使った言葉ですが、その後、様々な霊能力者が我も我もと
スピリチュアルカウンセラーと名乗り出しました。中にはスピリチュアリズムの基礎すら
分かっていない霊能力者までもがスピリチュアルカウンセラーと名乗るように
なりました。それがスピリチュアル=霊能という固定観念を作る結果に
なってしまいました。

スピリチュアリズムとは何かというと、霊的心理の事を言います。しかしどちらの言葉も
便宜上の言葉であり、平たく言えば大自然の法則の事を言います。万物はすべて法則の
上に成り立っており、すべてが法則と言えば法則であるとも言えます。

私は様々な悩みを持つ人のサポートをしています。病気で悩む人もいれば人間関係で
悩む人もいますし、大切な人が亡くなり憔悴した人。生きる目的や希望を失ってしまった
人もいます。そのような人達に対しスピリチュアリズムを現実的な事に置き換えたり
私自身の経験に置き換えたりしながら、その人、その人の受容力にあったアドバイス
をします。ですからあまりスピリチュアルな専門用語や霊的な事はあまり語りません。
現実的な事を織り交ぜ、あくまでもアカデミックにアドバイスします。

しかし、中には急を要する。たとえばいつ自ら命を絶ってもおかしくないような精神状態
にいる人やかなりの苦難に見舞われた人には、もはや現実的な例えの範疇では
用を足さない場合があります。そういう人には究極的な心理の理解が必要になる場合が
あります。そういう時は自分の知識と経験を駆使してスピリチュアリズムの真髄を
アドバイスします。

私自身も昔は色々な悩みや劣等感、不安、恐怖などを抱え、自らも病気に苦しんだ
経験があります。実はその数々のネガテイブな思いや病気を克服させてくれたのが
スピリチュアリズムなのです。

ここで勘違いしてほしくないのは、よくありがちな信じていれば救われる的な宗教の
ように思ってほしくありません。

スピリチュアリズムにより私自身の人生が一変したのにはきちんとした筋の通った
理屈や理由があるのです。

スピリチュアリズムは人生の目的や人間は何のために生まれ何の為に生きるのか
また、死とはどういう事なのかをアカデミックに学ぶ事が出来ます。何かの
サークルや講習会なのに参加せずとも世の中には信頼できる書籍がたくさん
ありますので自分でいくらでも学ぶ事が出来ます。

その人生の様々な意味を知る事により、今まで自分が悩んでいた事が本来は悩む
べきものでなかった事がわかります。人はどういう理想を抱いて生きてゆけば
良いのかもわかります。また病気や死の意味も理解できるようになります。
そして、どういう生き方を心がければ幸せな生きがいある人生を歩めるのかと
いう事も分かってきます。それにより心の平静を保つ事が出来るようになります。
すると体の調和も良くなり治らないとあきらめていた病気をも克服する事さえ
あるのです。

言い方を変えれば目に見えずとも列記として存在している法則を学び
その法則に調和した生き方さえできれば何事も恐れるものなど存在しないのです。

しかし、そのスピリチュアリズムの知識よりも大切な事があります。それは
あなた自身の人生での様々な経験です。喜怒哀楽様々な思いをしながら一生懸命に
生きていく経験です。知識として頭にあっても、それを自分の人生経験の中から
ああ、こういうものだったのかと悟って行かなければスピリチュアリズムは
活かしきれないのです。知識も大事ですが経験はもっともっと大事な事なのです。
スピリチュアリズムは普段の私生活に生かして初めて意味がある事だからです。

昨今はスピリチュアルというと守護霊だの前世だの霊的な事への依存心が強い
人を良く見かけます。しかし、そんな事を知ったところで何の意味もない事を
私は断言します。スピリチュアリズムはその理念を理解して初めてより良い
人生への手助けとなるものなのです。

自ら前向きで、きちんと自分の意思と足で歩んで行ける人ならば
霊視も一度くらいはやってもらう事も良いと思いますが霊的な依存が強い
人にはまずもってマイナスでしかないでしょう。

依存心の強い人は何かあるごとに直ぐ霊的なものに答えを望みます。しかし
真のスピリチュアリズムでは自らの人生は自らが考え判断し自らの足で歩んで
行く事こそが大事であると教えてくれます。

私は何人か霊能力者の方を知っていますが、私の知っている霊能力者の方は
みなスピリチュアリズムを深く理解した人達です。ですからそういう依存体質の
人にはむしろ私よりも厳しいです。

実は私も昔、霊能力者に憧れた時期がありました。それで自分の守護霊にお願い
したことがあるのですが、その晩私の守護霊にへんなものを連れて来られ怖い
思いをさせられた事があります(笑)寝ていてふと目が覚めました。すると
金縛りにあって動けなくなりました。金縛りは若い頃、まだ自分の心の波長が
低い時にお世話になりましたが(笑)何十年ぶりになりました。そして寝室の中を
バタバタ、バタバタ何者かが走り回っています。何だ・・誰だ・・と思っていると
何と今度は私の布団の上を踏んずけながら走り回り始めました。ついには私の顔の
近くまで寄ってきて息を吹きかけました。私は動かない体を必死になって
もがいていると次の瞬間、金縛りがとけ、何者かの影も消えました。私は守護霊に
「やっぱり霊能いりません・・・」と言いました(笑)きっと守護霊はお前の
役目には霊能力など必要ないと教えてくれたのだと思います。

私の縁になる相談者の方々は今まで本当に依存心の少ない方ばかりで、甘えや依存心
の強い方は不思議と皆無なのです。みんな自分の力で自分の足でしっかり立って出来る
ところまでベストを尽くそうとする方ばかりです。連絡が来ないのでこちらの方が
少し心配になるくらいなのですが、話を聞くとみんな、いつまでも私の世話になる訳
にはいかないので辛くても我慢しながら自分の力で乗り越えようと頑張っているのです。

もしかしたら、それが私が霊能力者でない事の利点なのかもしれません。霊能力者で
ないから依存体質の強い人や興味本位の人が少ないのかもしれません。

私自身、今年になってから色々な出来事や人との縁に変化の時というメッセージを
多く感じています。自分自身まだ手探り状態ですがこれからもっと本格的に
スピリチュアリストとして活動して行こうと思っています。
スポンサーサイト

2 Comments

  • Name:Pegasus
  • やはりleafさんには本物の霊感がおありなのですね!

    スピリチュアル霊能者を名乗る人達の殆どは客寄せの肩書きを使った口先だけの商売だと思います!

    本物のスピリチュアル霊能者は恐らくleafさんのようにブレる事無く自分がすべき事をこちこちとやり続けられる人なのだと、本に書いてありました。
  • 2011/11/30 09:33 | URL 
  • Name:Leaf
  • Pegasusさん、ですから私は霊能力者ではありませんって!(笑)
    霊感なんて誰でも大なり小なりもっているものですし
    私はそんなに霊感強い方ではありません。

    霊能者であろうがなかろうが、ボランテイアであろうが
    商売であろうがその人の真剣度と志し、それと
    動機が何であるかが大切な事ではないでしょうか。


  • 2011/11/30 15:20 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/75-a1646dc8

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード