09/28

健康のカギを握る酵素のお話、第三弾です。何故3度も酵素についての記事
を書くのかというと、体の健康というテーマの中で食、特に酵素の事を学ぶ
事はとても大事だからです。

病気にならない健康な体でいる為に一番大切な事として精神的な健康度が
とても重要であるという事を何度も書いてきました。私自身も心の平静を
保つことにより完治しないとあきらめていた病気を克服しました。また
それ以来、風邪一つひかなくなりました。

しかし、それだけでは克服できないものがありました。それは私の職業柄
長年の無理がたたってなった病です。それは四十肩と慢性的な肩コリ。
四十肩とは肩を長年使う事によって鍵盤といわれるスジにキズが入ったり
石灰成分が蓄積して痛みや腕が上がらなくなる病気です。肩こりは毎日
同じ体勢で同じ作業を続けるため肩や首がコリ、頭痛がひどくなります。
四十肩と肩こりがリンクし、お互いの症状が倍増します。

食事も栄養の事を考えて食べていましたが、治りませんでした。しかし
食事を栄養ではなく酵素という観点から取るようになって長年苦しんだ
これらの病が改善されたのです。

体の各器官で酵素が働くようになり、人間が本来持っている免疫力や
自己自然治癒力が上がり回復したのだと思われます。

酵素を多く含む食品と摂取のコツ。その仕組みはすでに述べましたが
実はもう一つ大切な事であります。それは「体の中の酵素を減らさない」
という事。体で働く酵素は個人差はありますが、体で作られる酵素の量
というのが決まっていて、あるところで過剰に酵素を消費すると別の器官
の酵素が不足するのです。そうすると酵素不足になっている器官で病気が
発生するのです。

その原因は生活習慣にあります。たとえばタバコや飲酒。タバコに含まれる
様々な毒素を解毒する為に多くの酵素を消費してしまいます。また飲酒で
は多くのアルコール分解酵素を消費します。ヘビースモーカーであればあるほど
お酒を多く飲む人であるほど体に必要な各器官の酵素が不足し病気の確率が
高くなります。あとは食事に添加物の多い物や野菜なら農薬の多いものを
摂取していれば、体に入った毒素を分解するために多くの酵素を消費します。
何かあったらすぐに市販の薬を飲む人も同じです。あとはストレスや睡眠不足
野菜不足(食物酵素不足)、肉食のしすぎなど体に良くないというわれる
生活習慣は多くの酵素を消費してしまうと考えて良いと思います。

酵素を多く含む食品を食べ、酵素を無駄に消費しないという事が病気に
ならず健康的で活力溢れる体にしてくれるのです。

それは精神疾患とて無縁ではありません。酵素は体のあらゆる器官。
もちろん脳でも大切な役割をもって働いているからです。

ですから生活習慣を但すという事はすべての病気の回復にプラスに
働くといことが言えると思います。何かしら病気で苦しむ人、
なかなか回復しない人はもう一度、自身の生活習慣を振り返ってみる事です。

スポンサーサイト

2 Comments

  • Name:ペガサス
  • つまり、飲んべえで唐揚げをつつきながら煙草を吸いつつ、会社のお昼ご飯が毎回カップラーメンとかマックとかは、高確率で四十肩になると云う事ですね(笑)
  • 2011/09/28 23:48 | URL 
  • Name:Leaf
  • もう一度、健康のカギを握る酵素1~3をしっかり読み直してください。
    四十肩は生活習慣病ではありません。
    四十肩とばかにしますが、正式には 腱板損傷並びに石灰性腱炎の総称で
    ひどい時には肩の腱が断裂してしまう事もあるんです。そうなると
    鍵盤は再生しないので人工的に繋げるしかありません。その痛みは
    のたうちまわるほどの激痛の時もあります。

    たとえどんな病気でもケガであろうと酵素の活性化で免疫力が上がり回復
    しやすくなると言うことです。私の書き方がわかりずらかったかな。

    あなたは以前、経験よりも知識が重要だと言っていましたが
    病気に苦しむ人の気持ちになれるには自らも経験しなければ
    その人の気持ちになれないと言う事です。だからこそ知識よりも
    経験が大事なのです。人の気持ちになれない人には人を救う
    事などできません。

    ちなみにごめんなさい。私は酒もたばこも一度も口にした事はありません。
    インスタント食品やジャンクフードもめったに食べません。
  • 2011/09/29 01:24 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/66-ed0280df

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード