--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:ペガサス
  • 政治的に人工的に造られた偶像では無く、郷土の自然を愛し信仰すると言う事は人間としてとても大事な事ですよね。

    本当の愛国心とはそのような自然に根ざしたものであると最近思います。

    破壊(革命)では無く平和を。横並びの混沌では無く、それぞれの為すべき事をわきまえた調和を。

  • 2011/09/25 12:33 | URL 
  • Name:Leaf
  • >政治的に人工的に造られた偶像では無く、郷土の自然を愛し信仰する
    と言う事は人間としてとても大事な事ですよね。

    そのとおりですね。でもどんな信仰も意味を理解してこそ意味があるものになると思います。

    >本当の愛国心とはそのような自然に根ざしたものであると最近思います。

    私は愛国心は自国では無く他国に向けられるようにならなければならないと思います。
    それぞれの国が自国よりも他国を尊重し、思いやりを向けられるようならなければ
    平和などありえません。

    >破壊(革命)では無く平和を。横並びの混沌では無く
     それぞれの為すべき事をわきまえた調和を。

    破壊無くして創造なしという言葉がありますが、必ずしも破壊や革命が平和に
    反するものでない場合もあるんですよ。それが平和に向かう進化に必要な場合が
    あるという事。たとえば天変地異には自然霊が関わっていて我々には残酷で痛ましい
    出来事も大自然の法則の一環であり進化という目的のためにあるんです。
    たとえば肥大した文明によって失われた自然を取り戻したり、災害は人間が忘れていた
    命の大切さ、人への思いやり、当たり前の事への感謝など
    大切なものをたくさん教えてくれるのです。この世に無駄なものは何一つ無いのです。
  • 2011/09/25 22:50 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/65-e43a48aa

神社へ参拝

カテゴリ:私生活

09/22

帯広神社入り口

帯広神社
久しぶりに帯広神社へ参拝に行ってきました。
入った瞬間に、空気が違うのを感じます。崇高さ、落ち着き、壮大さ、優しさを肌で
感じます。祀られている神様が位の高いものだという事が良くわかります。
パワーを頂き心と体を清めて頂き、気分もスッキリとしました。

ここにはリスや野鳥がたくさんいて帯広は自然が多い所が多いですが、ここほど
小動物が生き生きしている場所も珍しいです。今月の24日からお祭りがあって
露店なの準備が行われています。

神社には神様が祭られていると言いますが、正確には神ではなく自然霊という霊
を祀っているのです。自然霊とは我々人間や動物のように体に宿る事なく
独自の進化のコースを歩む霊の事を言います。人間にも人格のレベルが多様なように
自然霊も低級なものから高級なものまで様々です。

自然霊は水、火、風、土、いわゆるエレメンタルに宿るものや、植物に宿るもの
それぞれ土地を守るもの、また誰でも人間一人一人に専属の自然霊がついていると
言われています。

自然霊は目に見えずとも我々人間に多くの恵みや手助けをしてくれており、人間とは
切っても切れない間柄なのです。自然霊も人間と同じように霊性の進化を目的として
生きているのです。

位の高い神社に祭られている高級な自然霊の他、日本では稲荷、龍神、たぬき
河童なども自然霊の一種です。外国では天使や妖精、精霊といわれるものもそう。
あとはそれぞれの国で祀られる神々。たとえばインドのガネーシャやシヴァ
などもそうです。

そもそも神社へのお参りとは何んの為にするのでしょう。それは我々人間の生活を
サポートしてくれたり様々な恵みをもたらしてくれる自然霊に対して感謝の
気持ちを伝える為です。

しかし、現実は自己の願い事を願う方が多いのではないでしょうか。家族の健康や
幸せならまだしも金儲けや宝くじの祈願をする人も少なくないのではないでしょうか。
しかし、高級な神様(自然霊)ほど利己的な願いは聞いてくれません。それはその
人間の為にならない事をわかっているからです。

確かにお願いすればある程度、願いを叶えてくれる場合もあります。しかし
その願いが利己的な願いであればあるほど、物質的価値観であればあるほど
その神様は低級な自然霊であるとい事が言えると思います。そしてそれに対しての
リスクもあるという事を覚えておいてほしい。

自然霊は人間のように体に宿った事が無い霊の為、人間特有の情と
言うものがありません。良くしてくれた人には礼を尽くしますが、逆に人間が
礼を尽くさなかったり、粗末にしたり信仰を辞めたりして怒りを買うと逆に
不幸のどん底に落とされたり、命を奪われてしまったりする事さえあるのです。

ですから自然霊には敬意と慎重な対応が必要で、日々の感謝の気持ちを持つ事や
大事にする事はとても良い事ですが、後先考えずに利己的な願いはしない方が
寛容だと私は思います。

以前、人間の縁と言うものは心の波長が関係していると記事に書いたことが
ありますが自然霊も例外ではなく恨みや、妬み、悪意、欲望などを持ち心の波長が
下がればそれに相応しい自然霊と縁になります。逆に日々、明るく前向きでいつも
人を思いやる心を持つ人にはそれに相応しい高級な自然霊があなたを
サポートしてくれるでしょう。

実は最近、自然霊の問題で悩んでいた事がありました。自分は自然霊の有難さも
分かっていましたが逆にその怖さも知っていたので慎重になっていました。私自身
様々な書籍や文献などで改めて勉強し直していました。そしてウェブで調べている時
たまたま、ある方のブログにたどり着きました。その方は沖縄を中心に活躍する若手の
霊能者で神道も学び真理に対しても深く理解してらっしゃる方でした。それで少し
アドバイスを頂けないかなあと思いメールを送っていました。

数日後、ナ・ナント!私のお店に直接来てくれたのでした。丁度、ご自身の活動の
為の出張で偶然、帯広に来ていたそうで多忙な中わざわざ、食事も兼ねて
いらしてくれたのでした。私よりも一回りも若いのに実にしっかりしたとても
誠実な方でした。わずか1~2分しかお話できませんでしたがお蔭様で迷いを解消する
事が出来ました。感謝。感謝です。このような縁をコーディネートしてくれた存在
にも感謝です。最近気薄だったある実感を得る事が出来き心も新たに
気が引き締まりました。




スポンサーサイト

2 Comments

  • Name:ペガサス
  • 政治的に人工的に造られた偶像では無く、郷土の自然を愛し信仰すると言う事は人間としてとても大事な事ですよね。

    本当の愛国心とはそのような自然に根ざしたものであると最近思います。

    破壊(革命)では無く平和を。横並びの混沌では無く、それぞれの為すべき事をわきまえた調和を。

  • 2011/09/25 12:33 | URL 
  • Name:Leaf
  • >政治的に人工的に造られた偶像では無く、郷土の自然を愛し信仰する
    と言う事は人間としてとても大事な事ですよね。

    そのとおりですね。でもどんな信仰も意味を理解してこそ意味があるものになると思います。

    >本当の愛国心とはそのような自然に根ざしたものであると最近思います。

    私は愛国心は自国では無く他国に向けられるようにならなければならないと思います。
    それぞれの国が自国よりも他国を尊重し、思いやりを向けられるようならなければ
    平和などありえません。

    >破壊(革命)では無く平和を。横並びの混沌では無く
     それぞれの為すべき事をわきまえた調和を。

    破壊無くして創造なしという言葉がありますが、必ずしも破壊や革命が平和に
    反するものでない場合もあるんですよ。それが平和に向かう進化に必要な場合が
    あるという事。たとえば天変地異には自然霊が関わっていて我々には残酷で痛ましい
    出来事も大自然の法則の一環であり進化という目的のためにあるんです。
    たとえば肥大した文明によって失われた自然を取り戻したり、災害は人間が忘れていた
    命の大切さ、人への思いやり、当たり前の事への感謝など
    大切なものをたくさん教えてくれるのです。この世に無駄なものは何一つ無いのです。
  • 2011/09/25 22:50 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/65-e43a48aa

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。