06/30

類は友を呼ぶという言葉があります。一見ただの精神論に思える人もいると
思います。しかし、この言葉には非常に大きな意味が隠れています。

あたたが普段の生活で縁になる人々には自身の心の波長が関係しています。
たとえば、車の運転中にマナーの悪い車に遭遇した。または車をぶつけられた。
道端で因縁をつけられた。電車で財布を盗まれた。その他今日はついていない
と思えるような縁に巡り合った時など。一見、偶然にまたは運悪く思える
ような縁にもあなたの心のあり方が関係しているのです。相手が一方的に
悪いような場合でも、そこには自身の心に「隙や傲慢さ、怒り、不安、恨み」
など様々な感情がそういう縁を引き寄せているという場合があります。

私自身もこの事は知識としてはわかっていましたが、それが自分の生活に
反映できるまでには時間がかかりました。信じるという事は何でも鵜呑み
にすることではなく、とことんまで疑ってかかり、自身の経験から確証
し悟る事だからです。

私は自分の経験の中で偶然とは思えないような縁にたくさん巡り合ってきました。
また、その縁の意味を自分の中にいつも見つけていました。すると私自身自分にと
って良くない縁に巡り合う時には必ず何らかの自身の心の乱れが
ある事に気が付きました。それは寒気がするようなものもありました。
たとえば、会いたくない相手にほんの数日の間に全く違う場所で4回も5回も
会う事がありました。そしてこういう経験は1度や2度ではないのです。

それから私は自分が良くない縁に巡り合った時は必ず自分の心のあり方を反省
するようになりました。私も時には頭に血が上ったりして心を乱す時があります。
そういう時でもすぐに「いかん、いかん」と心を立て直すよう心掛けています。
それはネガテイブな感情は自分に良くない縁や運を運んでくることを身を持って
痛い思いをして経験しているからなんです。

逆に言うとポジテイブな感情「明るさ、前向き、思いやり、自信」などの感情は
自身に良い縁や運をめぐり合わせてくれるという事です。

ネガテイブな感情は良くない縁と運そして病気をもたらします。
ポジテイブな感情は良い縁と運そして健康をもたらします。

それは体は病気を通して、縁は良くない縁を通して自らに
「心を見つめなおせ」というメッセージなのです。それをいつも心に問い但し
生活できればあなたはもっともっと豊かで充実した人生を歩めるはずです。
スポンサーサイト

6 Comments

  • Name:ペガサス
  • ACのコマーシャルでコンパクトに語ってる内容が御座いましたので凄いな!と思いました。

    ただ残念なことに私達も開拓奉仕の際に一部の残念な人々から「え?真理?宗教団体でしょ?」と話を聞いて頂けない事がしばしば御座いました。
    どうしてなのかとアレコレ考えている内に一つの答えが浮かびました。
    それは私達も気をつけなければならない事ですが世の人々は相手の話を聞くことなく自分の知識の範囲で危険であると裁いてしまう事です。
    地獄へ至る滅びの道は広く安全そうに見えます。
    神に至る真理の道は狭く危険に満ちているように見えます。
    世の人々はこの事実を知らないが故に過ちを犯してしまうのだと思います。
  • 2011/07/01 17:22 | URL   [ 編集 ]
  • Name:leaf
  • >世の人々はこの事実を知らないが故に過ちを犯してしまうのだと思います。
     
    知識から学ぶ事も大切ですが失敗から得た教訓から学ぶ事は
    なお大事だと私は思います。
  • 2011/07/01 21:02 | URL 
  • Name:ペガサス
  • 経験から学ぶ事はとても重要な事ですが、真理を知る事は私達の日々を愛ある喜びに満ちた物にする上で更に重要な位置付けなのでは無いでしょうか?

    人は不完全であり、偏った経験から過ちを犯してしまいがちだからです。

    今日、犯罪や戦争が絶えないのはその為なのでは無いでしょうか?

  • 2011/07/01 21:45 | URL 
  • Name:leaf
  • ペガサスさん、このブログは宗教的な事を目的にしたものではなく
    私自身が人生経験から知った誰でも応用できる人生哲学を色々な
    方々の私生活に生かしてもらい生きがいある人生、充実した人生を
    送れるようになれるようにと始めたものなんです。

    ペガサスさんのお話しいただいたあたりになるなるともう万人むけでは
    なくなってしまいますので、高度な悟りが必要となる教えは不要なのです。

    でもそういうお話は嫌いではありませんので、一度メールフォームから
    メアド教えて頂ければお返事いたします。大いに議論いたしましょう!
  • 2011/07/01 22:26 | URL 
  • Name:ペガサス
  • 結局、この世は醜い自分、弱い自分から逃げきる事は出来ず、しっかり向かい合って解決して行かなければ永遠に状況がループし続けると言うことですね。

    自我が発達していなければ自覚するのは難しいかも知れません。

    多くの人々は、言葉を表面的にしか受け取れ無いからです。 以前の私がそうでした。
    自分を周囲に如何に良く見せるか・・・・良く見せる為にどんな感動的な事を喋ろうか。常に他人から称賛を受ける事こそが“善”であると 勘違いしていたようです。
  • 2011/07/20 20:11 | URL 
  • Name:leaf
  • >ペガサスさんへ
    あなたのような立場の人間は
    人に何かを説く時、その言葉に宿る心は
    本当に相手の為だけを思うものなのか。
    自己を賛美する言葉ではないか。
    言葉に酔いしれてはいないか。
    その事を常に内観する事が大切です。

    そういう事に気がつき反省できること
    はとても立派だと思います。
  • 2011/07/20 20:46 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/44-e1c34fba

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード