モモコ

カテゴリ:私生活

05/12

フェーリエンドルフ
私は昔サラリーマンだった頃、会社の性質上色々な部署で色々な仕事をしました。
その一つに休暇村があります。木組みのコテージが林の中に何棟も立ち並ぶ
宿泊施設です。そこでモモコという犬が飼われています。18年前、近くの農道に
捨てられていた子犬の一匹です。他の兄弟は残念ながら捨てられた場所で車に
跳ねられて死んでいました。私が会社を辞めた後もモモコは施設の看板犬として
スタッフやお客さんに愛されていました。

ところが昨年の12月12日に18歳で亡くなった事をブログで知りました。
今日もお休みだったので何年かぶりに面識のあるスタッフと亡くなったモモコに
会いに出かけました。中の様子は昔と少し変わっていますが懐かしい空気でした。
残念ながら知っている方々は留守でお会いできませんでしたが
施設内をゆっくり見て回りました。

車で施設内を移動し少し森林浴をした後、私は車に乗ろうとしました。
私が車のドアへ手を伸ばした瞬間、息を飲みました。
何と車のドアノブにモモコの毛が一本乗っていました。
私が先月、愛犬を亡くした時と同じように・・・
私が車で移動した先はモモコのいた所からかなり離れた森の中。しかも
走ってきた車に毛がくっついてくる事などありえません。どうやら
モモコは私を覚えてくれていたようです。いつものように心の目で
見てみると、そこにはしっぽを振りながら飛び跳ねるモモコがいました。

やっぱり来てよかった。私はモモコの毛を包み持って帰りました。

参考HP http://feriendorf.blog95.fc2.com/blog-entry-176.html#comment41
スポンサーサイト

2 Comments

  • Name:ペガサス
  • とても素敵な出逢いでしたね(笑)

    巡りあいは宇宙の心理や法則の現れなのかも知れません。

    私も妹が道で拾って来た犬を育てた事が御座います。

    名前がなんと「わんちゃん」ここでは割愛させて頂きますが、とても不思議なご縁でした。
  • 2011/07/27 08:13 | URL 
  • Name:leaf
  • > 巡りあいは宇宙の心理や法則の現れなのかも知れません。
    そのとおりですが、それだけではなく万物すべてが法則の上に
    存在しています。法則なくして存在というものは存在しないのです。

    縁といものは偶然に見えてもそれは必ず必然的におきており、意味があり
    違う側面でつながりがある場合があります。

    実は必然なのに偶然として思えるところに、経験や感動があるのです。
  • 2011/07/27 18:10 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/35-6da943a5

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード