--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/12-2332f8b5

03/26

精神疾患を持つ方のご家族に同じく精神疾患を持つ方がいるという事は
めずらしくありません。むしろ確率は非常に高いと思います。

遺伝的な要素もあると思いますが、一番はやはりその生活環境にある
と思われます。また、精神疾患をかかえる家族が患者さんへの心配
不安、気苦労で自分もなってしまうという事も多いでしょう。

たとえば、子供がうつ病で何十年もひきこもってしまい、
不安や心配を何年も続けているうちに母親が統合失調症になって
しまったといった例があります。

統合失調症は2002年までは精神分裂病と呼ばれていました。
統合失調症は大きくわけて陰性症状と陽性症状とに分けられます。

陰性症状は
●意欲や集中力の低下
●体の疲れや倦怠感
●自閉的になったり引きこもりになる
●会話が少なくなる
●注意力、集中力の低下
●複雑な事への思考ができなくなる
●不眠
●不安症
など、うつ病に似たような症状です。

陽性症状は
●幻覚、妄想、幻聴や知覚のゆがみ
●誰かが自分を操っている感覚
●誰かが自分の悪口をいっているような思い込み
●思考や動作がまとまりがない
●異常な興奮や緊張
●攻撃的な行動
●奇怪な行動や格好や意味もなく笑う
など、他人が見てもすぐにおかしいとわかるような症状です。

陽性の場合、本人はその異常に全く気付いていない事が多い。
もしくは、正常だと思い込んでいる。逆に自分以外の人間の方が
おかしいと思い込んでいる場合も多い。

それが治療の妨げになる事が多く、その症状と相まって病院に
行く又は行かせる事が非常に困難になる場合がある。
家族といえども全く手の付けられない状態になることさえあります。
また、外でトラブルを起こしてしまったりすることもあります。

そうならないためにも
陽性の場合はその異変に早く気づいてあげる事が大切です。
そしてなるべく早く治療を開始する事が望まれます。
まずは薬物療法である程度、症状を軽減しなければなりません。
症状が軽減すれば精神的な療法を行う事も可能になります。




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/12-2332f8b5

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。