04/13


昨年の10月位から肩の痛みと腕の痺れがあった。またいつもの腕の使いすぎかと思っていたがなかなか治らない。

何と無く原因は他にある予感がして首のMRIを撮った。思った通り首の椎間板が痛んで来ていた。骨と骨の間のクッションの役割を果たす椎間板は年齢と共にヘタっていく。すると体はその負担を減らそうと骨が面積を広げようとして骨棘と言われる突起を作る。それが脊髄や枝分かれした神経を圧迫して腕のなどに痛みや痺れを引き起こす「頚椎症性神経根症」

骨棘は加齢と共に誰でも少しづつなるものだが、僕の場合は進行した原因が3つ。一つは19年、毎日一人で続けて来た調理の仕事による首への過度な負担二つ目に若い頃、大学までやっていた陸上競技(スプリンター)の過激なトレーニング。三つ目に15年やって来たジョギングによる首への負担。

ジョギングはメリットもあるが体の各部にある椎間板や軟骨の寿命を早めるなどのデメリットも。運動で骨は鍛えられても神経や血管の無い椎間板はへたるのみだからだ。

ちょっと人生頑張り過ぎた感(笑)若い頃から色んな病気を経験して来て健康に対する意識とお医者さんも教えてくれないような知識を経験の中から学ぶ事が出来た。

僕がスピリチュアリズムを基礎としたカウンセリング以外にも病気や健康の相談にのるのも色々な病気で苦しんで来た経験あればこそ。同じような苦しみにいる人の気持ちになれ一生懸命になれるのもその苦しみを知ればこそ。

その後、色々勉強していた。整形外科や整骨院の先生にアドバイスを頂いたりして、やれる事は何でも試した。にも関わらず約半年間症状の改善は全く見られなかった。もうこのままずっと腕の痛みと痺れを抱えたままかもとも思っていた。

しかし僕は普通にどこにでも手に入るある食材に注目していた。今回自分の中で確信が持てたのでご紹介します。僕が摂取していたのはゼラチンです。要するにコラーゲンです。スーパーに普通に売っている粉ゼラチンを毎日5g粉薬の様に飲んでいました。
コラーゲンは多くは胃や腸でアミノ酸に分解される為、飲んでも効果が無いとも言われています。しかし

コラーゲンは本来、体自身が作るものなのですが、最近の研究でコラーゲンを摂取する事でコラーゲンを生成する線維芽細胞が刺激されコラーゲンの生成が促進されるという研究結果があります。

簡単に言うと胃で分解されたコラーゲンをコラーゲン生成細胞が体のコラーゲンが壊れたと誤認識してコラーゲンを作ろうとすると言うのです。

それに加えてコラーゲンを作る時の必須栄養素であるビタミンCと共に摂取する事よってさらにコラーゲン生成を高められ回復に繋がるというのが僕の考え方だった訳です。

コラーゲンは肌、筋肉、腱、骨、血管、神経、細胞など体のあらゆる場所で使われている為怪我や様々な疾患の回復に効果がでる可能性があります。傷の回復や四十肩などにも効くはずだ。

但し、線維芽細胞がコラーゲンを作り始めるには体に何らかのダメージがある場合に限られるようでお肌への効果がある人と無い人がいるのはその為だと言われています。

飲み始めて10日後、腕の痛みと痺れの感覚に変化が現れた。その後途中、多少悪化する事がありました。それはスーパーのレジに並んでいる時の出来事。僕は痛みと痺れのぶり返しに自分の仮説は間違っていたのかと思いながらボーっとレジに並んでいました。

その日、買い物が多かったので商品を一つ手に持つ後ろのおばさんにレジを譲ってあげた。すると何とそのおばさんが会計した物はゼラチンだったのだ。その時「大丈夫」と言われた気がした。

気をとりなおし続けた。それから多少悪化したものの確実に腕の具合は底上げされなんと約1ヶ月弱で完治。約半年24時間苦しんだ腕の痛みと痺れから解放され喜びを噛み締めています。正直これ程効果が出るとは思っていなかった。約半年変化が無かった症状が1ヶ月弱で完治したのは明らかに回復力が促進された証だ。

僕は知った事や学んだ事を安易にシェアしたり人に教えたりしません。信じる前にとことん疑ってかかり必ず自分の経験から確信が持てたものだけを人に伝えます。

病気って苦しんでいる時は悪魔のようにも思えるけどけして無駄なものでも忌み嫌うものでも無い。それを克服したり精神的に乗り越えた時の喜びと得る物は苦しみに比例して大きく価値あるものとなる。そしていつしか病気にすら感謝の気持ちが湧いてくる。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://leaf737.blog60.fc2.com/tb.php/115-4a127409

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード