2013年04月の記事一覧

WOLD PEACE

カテゴリ:人生哲学

04/25

WOLD PEACE
世界平和

戦争、テロ、国と国とのイザコザ。今なお、世界では平和とは
程遠い出来事が数多くおきています。

人は平和を求めているのにどうして、それらは無くならないのでしょう。
それは自分の国さえよければ、自分の町さえよければ
自分の家族さえよければ、自分さえよければという利己主義が原因。

国と国の喧嘩も人と人のイザコザも同じ。
個人の批判や罵りは国と国の批判合戦と同じ。
身近な人に愛を注げない人が異国の人間に愛を注げるだろうか。

人は帰属的つながりが強いほど愛いする事は容易く、遠いほど難しい。
だから帰属的な繋がりの遠い存在への愛が一番崇高な愛でありそれを
出来るようにならなければ世界平和など程遠い。

また、好きな人だけに愛を注ぎ嫌いな人には注がない。
これを国に置き換えた場合世界平和がなしえるでしょうか。

世界はたくさんの国や人種の集まりであり
国はたくさんの地方や街の集まり
そしてそれはたくさんの個人の集まりであるから
その一人一人が愛を注げる人間にならなければ平和は成しえません。

しかし世界平和に近道はありません。では、どうすれば良いか。
それはあなた自身がまずその光になること。まず、身近な人へ
愛を注げる人間であること。それが世界平和の第一歩。
それが出来なくては世界平和を語る資格はありません。

そして帰属的な愛から一歩、また一歩と遠い存在へ愛を
注げるようにならなければなりません。

世界に国が存在する事も沢山の人種が存在する事にも意味があります。
その負荷の中で帰属的な愛からもっと広く深い愛への学びの為に
存在しているのです。

物理的に国境が無くなれば良いと言う人がいますが、僕は違うと思います。
国境(帰属的な繋がり)は人間の中にある本当の本性を炙り出してくれるもの。
大切なのは国境があれど人間一人一人の精神的な国境を無くす事こそ
大切な事ではないでしょうか。
スポンサーサイト
トップへ | 

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード