2012年05月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/31

みなさんの中にもどうも親と折り合いが悪いと言う人がいるのではないでしょうか。
私の友達の中にも例えば一緒に商売をやりながら、性格が合わず毎日葛藤やストレス
をかかえている友達や過去のしがらみから親と絶縁状態の友達もいます。

私は両親との確執はありませんが、普段滅多に心の平静を乱さない自分を唯一乱して
くれるのが父親です。人間的に尊敬できる父親ですが、人並み外れた頑固さと
親としてのプライド。絶対に非を認める事のない性格が時に私の心の波長を乱します。

若い頃ほど衝突する事はなくなりましたが、今でもまれに衝突する事があります。
でも今は我ながら良い親を選んで生まれて来たとつくづく思います。というのは

どんなに嫌いな親でも葛藤を抱える親でも子供は親を選んで生まれてくるのです。
これを親と折り合いの合わない人に言うと「ありえない」と言います(笑)

そう思うのは当然でしょう。しかし、事実であり、これも自然の摂理の一つです。
ですから、どんなに嫌いな親でも恨んだり、境遇を悲観してはいけません。
あなたが望んで生まれて来たのです。

何故かという前にこの世に生まれてくる目的を知る必要があります。人はこの現世
に自らの魂を磨く為に生まれてきます。言い方を変えれば人間性を磨くために
生まれてくるのです。言わば、この世をその修行の場とする為です。

自分を磨くためには負荷が必要。何の苦労もない生活。なんの葛藤もない人間関係では
修行になりません。だからあえて葛藤を覚えるような親を選んで生まれてくるのです。

ですから、親への葛藤が強ければ強いほどその人は大きな志を持って生まれて来た
人であるという事が言えます。そういう親と喜怒哀楽を共にし、自らの人間性(霊性)を
磨く事がその人の人生での目的の一つであるということです。

また、親とは友達のような親和性が芽生えない事が多いものです。それは親と子供は魂の
上では遠い存在である事が多い為です。現世の家族という一見深い絆があるような所へ
生まれる為、そこにお互いの依存心が表れます。しかし魂の上では遠い存在であるため
そこに様々な葛藤が生まれるのです。

依存心と依存心のぶつかり合いの中でお互いが本当の意味で自立でき、お互いを
理解し、愛せるようになる為の現世でのパートナー。それが家族です。


スポンサーサイト
トップへ | 

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。