最新2011年05月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先天的な病

カテゴリ:心と体

05/27

この世に生を受けた時、先天的にハンディキャップを持って生まれてくる
子がいます。身体的なハンデイキャップもあり精神的なハンディキャップ
もあります。

私にも精神的なハンディキャップを持った年下の従弟がいます。
従弟はハンディキャップはあっても誰よりも純粋で優しい性格です。
その笑顔はけして作り笑顔でなく人を愛する時に出る自然の笑顔なのです。
むしろそういう優れた魂の持ち主だからこそ、ハンディキャップを持って
生まれて来たといいますか、そういうリスクを抱えながらも生きていける
器があるとも言えるでしょう。

またそのご両親も、そういう子供を授かるという事はそれだけの器のある人。
私の妻の友達にも精神的なハンディキャップを持ったお子さんをかかえる方
がいます。そのお母さんは本当に純粋で優しく頑張りやです。毎年うちの
お店の記念日には必ず家族みんなで食べにきてくれます。

その子育ては想像を絶するほど過酷で大変です。もしかしたらその大変さから
一線を超えそうになった事もあったかもしれません。

私達夫婦は子供がいませんでした。いないというより諦めていました。
それは自営業を夫婦でやっているから子供を育てる余裕などなかったからです。
ある日妻が私に「私も子供がほしい」と言いました。妻は友達とそのお子さんが
切磋琢磨しながらも強く生きる姿を見て自分も子供がほしいと思ったのです。
しかしそれは簡単な事ではありませんでした。考えれば考えるほど不可能に
思えました。でも私自身もその親子を見るうちに、妻の友達ははもっと大変な
環境で頑張っているのだから出来ない事はない、そう思い子供を作る事を
決心しました。そして息子を授かりました。
息子はお店の厨房でベビーベットやベビーカーで育ちました。

もしその親子がいなければ今頃、私達の息子は存在しなかったでしょう。
どんな親も子供の事でそれぞれに苦労するものですが、妻にも妻なりの子供に
対する苦労があります。しかし、その苦労に勇気を与えてくれるのが
その友達の存在なのです。
自分よりも過酷な境遇の中で頑張る友達は彼女にとっても私にとっても
大きなささえとなっているのです。

スポンサーサイト

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。