離人症の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/04

先週、離人症を克服した女性のお話を聞く機会に恵まれました。
離人症をもつ方とは多く関わってきましたが、その中でも克服できた方は
けして多くは無く、とても貴重なお話を伺う事が出来ました。

離人症が治りずらい原因に、まず病気の研究がされておらず、なるシステム自体が
良くわかっておらず、それ専用の薬も存在しない事。

そして、離人症になる方は色々な精神疾患の方々の中でも
認知のゆがみ(マイナスな思考)が特に強い人が多く、精神的なアドバイスやケア
をしてもなかなかそれを紐解いてゆけない事が多いと感じます。

どんな精神疾患も認知のゆがみが一番の原因で、生まれ持った素質や今までの
生い立ち、また過去のトラウマが関係しています。

逆に言えば人生経験においてうまく何らかの革命、革新、信念を持つことが出来き
今まで自分を苦しめてきたストレスの原因を排除する事が出来ればどんな精神疾患
も跡形もなく消えると僕は思います。


お話を伺い、自分自身が何に対して不安や恐怖、トラウマをかかえているのかを
知る必要があると改めて再認識しました。

僕も若い頃、何か気分が落ちこんで、もんもんとする事がありました。でも原因が
思い出せない。でも心が苦しい。脳は原因を忘れているのに心(魂)は忘れていない
と言いましょうか、自分の中でよーく考えていると
「あ、そうか、こんな事があったんだ」と思う事がよくありました。
そして気持ちが落ち着きます。

僕が離人症の方々と関わってきて思った事は、ご本人自身も何に不安、恐怖
トラウマにストレスに感じてきたのかを忘れている、もしくはわかっていない
場合が多いという事

今一度、過去の自分と向き合い自分の中にあるネガテイブなものを紐解いていく必要
があるのではないかと思いました。実はそれらは本当は悩むべきものではなく、ただ
捉えかた自体がマイナス思考だっただけだという事がわかればきっと病気の克服に
大きく前進するのではないかと僕は思います。

ただ、誰かがあるきっかけで離人症を克服できたとしてもそれはそのまま誰にでも
当てはまる訳ではなく、人それぞれ原因も克服する方法も様々で自分の中で
みつけて行く以外にありません。

話を伺った女性は今はとても明るく前向きで生き生きしています。彼女曰く
「離人症には今はとても感謝しています。」とのこと。
きっとその経験があればこそ今の幸せがあるのでしょう。
スポンサーサイト

04/30

離人症をかかえる人は良く物事を深く考えすぎたり理屈で考えすぎる
人が多い。それは自分でもわかっていてもどうにもならない人が多い。

私は物事を深く考える事は悪い事だとは思いません。私も物事を深く
考える方です。私は自分に起こる出来事に対して必ずその意味を考えます。
しかし、私はその出来事を自分にとって悪い事だとかマイナスな事だとか
損害のある事として捉えません。

どんな出来事も自分が成長する為に大切な勉強だと捉えます。どんな出来事
にも意味があり、無駄な出来事は何一つ無いからです。
振り返ってみると私が生まれてからの出来事で無駄な出来事は一つもありません。
むしろ、辛い体験や失敗が自分の成長に大きなプラスになっています。

考えすぎる事が悪いのではありません。その捉えかた、考え方が問題なのです。
その考え方に潜む認知のゆがみが自らを苦しめる根源なのです。

といってもどうして良いのかわからない人も多いと思います。残念ながらコレ
という共通した解決方法はありません。人それぞれ環境や境遇が違いますから
考え方や捉え方もその時々の出来事の内容によります。

ですから私はその人の私生活の出来事と気持ちを詳しく聞き、その意味と捉えかたと
考え方をそのつどアドバイスします。そうやって少しずつ、認知のゆがみを
改善できるようにして行きます。


03/24

離人症という病があります。その症状としては

●自分自身の感覚や経験、体が自分のものではなく感じる。
●現実感が失われ、人や環境が非現実的で人工的で色彩がなく
 生命観が無いように見える
●現実と自分との間に目に見えないベールを通して見ているような感覚
●自分自身を外から傍観しているような感覚
●人と接しても、喜怒哀楽様々な感情がわいてこない
●自分の身におこっている事も他人事のように感じられ身内の不幸にも涙一つでない
●気分に落ち着きが無くなり、物事に集中できなくなる
●好きだった音楽を聴いても無機質で雑音のようにしか感じられない
●何をやっても喜びを感じられない
●家族がまったくの他人のような感じがする
など

離人症の場合、自我意識は正常に保たれているため、数ある精神疾患の中でも
もっとも辛い病気なのではないかと思います。

離人症の方は他人から見ると普通でむしろしっかりしているように見られる事が多く
また、本人もなかなか説明の難しい症状であるため人になかなか理解されづらい。
それが患者さんの辛さや孤独を深める要因になってしまうことがあります。


多くの場合、他の精神疾患(うつ病、統合失調症など)に付随する症状として
扱われる。よって治療はもととなる精神疾患の治療が基本になります。

しかし、もとになる病気が改善しても離人症だけが回復しない場合や最初から
離人症だけの症状である場合もあります。

その原因としては
精神的な極度のストレス、身内の不幸や生命の危険にあった時などに時おりおこる
心の傷から自身を守るための自己防衛反応が過剰にそして慢性的になってしまうと
考えられています。本来自分を守るためのシステムが自分を苦しめる結果に
なってしまうとという事です。

よく大切な人が亡くなった時など、ぼーっと放心状態になる事があります。これが体
の自己防衛反応なのです。この場合は一時的なもので心配はいりません。

年齢をかさねるうちに回復する場合もありますし、いつの間にか治ってしまう
事もあります。しかし何年も何十年も回復できない方も少なくありません。

年齢とともに治る人もいつの間にか治った方も何の理由も無く治るのではなく
そこには必ず精神的な変化、、人生観の変化、成長、ストレスの原因の改善などが
ともなっていると考えられます。

私が初めて離人症の方の相談にのった日の事です。
私はその日の夕方、デパートに買い物に行きました。
そして突然、気分が悪くなり意識がもうろうとなり立っていられなくなりました。
私はデパートの物陰で倒れ込んでしまいました。汗をびっしょりかきました。
まもなく徐々に回復し、帰宅しました。
次の日も気分がすぐれませんでしたが仕事に行きました。
そして仕事中奇妙な感覚に襲われました。自分が自分でないような感覚。
自分と体が分離しているような感覚。何かおかしい・・
その時、はっ!と思いました。きっとこれが離人症状なんだ!

もしかしたら神様が私に少しでも離人症の方を理解できるように
離人症の疑似体験をさせてくれたのかもしれませんね(笑)

私がかかわった人の中には回復して今は元気に暮らしている人もいれば
今も病気とともに頑張っている人もいます。

私はこれからも離人症に苦しむ人のためにベストを尽くして行きます。





トップへ | 

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。