最新私生活の記事一覧

Facebook

カテゴリ:私生活

03/10

最近、ブログの更新もなかなか出来ていませんが
自分の中でこれからの方向性を模索している中で
ブログの役割や位置づけに対しても色々考えているところです。

ブログでもし取り上げてほしい事などありましたら
ご一報頂ければ僕なりに記事にしてみたいとも思っています。

最近はFacebookをよく利用していますが、何の変哲もない日常の
事や雑談などを書いていますが、僕は実はその中に誰かに伝えたい
メッセージを溶け込ませたり、誰かに対してのメッセージが
実は他の誰かの為のメッセージだったりとそういう使い方をしています。

その中から一人でも何かを受け止めてくださる方がいれば
僕としてはそれ以上の嬉しい事はありません。
スポンサーサイト

03/01

G
私がまだ会社務めだった頃の話。一人の女の子が部下として入社してきました。
その子はまだ17歳でいわゆる不良少女でした。正直、とても手を焼かされました。
毎晩のように夜遅くまで遊び歩いて、次の日はまったく仕事にならなかったり
未成年なのにタバコは吸うし、お酒は飲むし、とてもここで書けないほどの
悪い事や過ちを繰り返し悩みの種でした。でも、そうやって自分を制御できない
その子にも良い部分がたくさんあって、どこかほおっておけなくて何とか
更生して幸せな未来を歩めるようにと目をかけてきました。

ある時、日ごろの無理がたたって僕が病気になり会社を何日間か休まなくては
いけなくなりました。自分がいない間にその子は何らかの人間的なトラブルで
会社を辞めてしまいました。

このままでは間違いなく彼女はどん底に落ちていくと思われました。しかしそれ以来
連絡もとれず、どこで何をしているのやら時々心配しながらも年月が流れて行きました。

そして先日、なんと20年ぶりに彼女から連絡が来ました!私の予想した通り、彼女は
塀の中にお世話になったり、自分が歩んできた生き方の代償で波乱万丈の人生を
歩んできたようでした。そしてその代償は体の病気としても現れ、今も苦しんでいる
とのことでした。

それでも久しぶりに電話でも話し、昔の懐かし話で盛り上がりました。声は昔のまま
でしたが正直、成長したなあ。大人になったなあと思いました。

彼女のブログも教えてもらい拝見しましたが、彼女なりに間違い、失敗、悩み、苦しみ
などさまざまな人生を経験し、それが彼女を大きく成長させていました。

ブログの中には彼女自身が様々な波乱万丈な経験の中から一つ一つ見つけてきた人生哲学
を見る事が出来ました。その中には僕も「へぇぇ~」と感心してしまうほどのものも
ありました。それは彼女が悩みや苦しみながら悟ってきたまさに自然の摂理と
言えるものでした。

僕はつくづく、良くも悪くも人間は経験が一番大事だなあと再認識しました。
消極的に生きるよりどんな経験でもする事が大切だと。勿論、良い事だけでなく彼女は
病気として代償を背負ってしまいましたが、一方で彼女は多くの事を学び人間として
大きく成長していました。

彼女のブログにこんな一節がありました。
「早く完治させて人の役に立てるようになりたいな」
この言葉を見たとき、何だか嬉しくて目頭があつくなりました。

20年ぶりに出会えたのも、これも必然なのでしょう。彼女はけして規則正しい
生活習慣を送っていないので、まだまだ健康になれる余地があるように思いました。
私生活では悩みや不安もあるようなので、少し健康面でもサポートしてあげようと
思っています。



12/24

クリスマス
今日はクリスマスイヴでした。私の家でも息子を中心に私や妻そして
祖父母が 家族一緒に卓を囲み、料理やケーキを食べながら楽しく過ごします。

クリスマスはイエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の記念日。イヴはその
前夜の 事を言いますが、私はむしろ一年に一度家族が一緒になって楽しく
過ごすという イベントとしての意義の方が遥かに重要だと思います。
きっとイエスもそう 思っているに違いありません。

クリスマスイヴは家族を一つにしてくれます。
家族を笑顔にしてくれます。
子供たちに夢を与えてくれます。
恋人どうしの愛を深めてくれます。
人の心を暖めてくれます。
日々の感謝や生きる事へのありがたさを教えてくれます。

それがクリスマスの本当の意義なのではないでしょうか。

でも時々、自分はそんな幸せの中に身を置く自分にいたたまれなくなる時が
あります。 それはこんな時にも、辛い思いや悲しい思い、苦しい思いを
している人が いるはず。

そういう人達にも幸せを味わってほしい。生きがいを感じられる人生を
送ってほしい。 それが私の活動の原点です。

でも自分自身がその幸せを味わう事も大切な事だから今日は家族といっしょに
その幸せを素直に噛みしめながら過ごそうと思います。

うっぷ・・食べ過ぎました(笑)

アルバム

カテゴリ:私生活

10/20

アルバム
日々の忙しさに翻弄されている時
落ち込む事があった時
悲しい事があった時
辛い事があったとき
自分が見えなくなっている時
不安な時。

そんな時、昔の思い出の詰まったアルバムを開いてみてください。

両親の若かった頃の写真
自分が小さかった頃の写真
学生の時の思い出の写真
自分が若かった時の写真
結婚した時の写真
子供が生まれた頃の写真

そして良い思い出にタイムスリップして思いを馳せてみてください。

きっと見えなかったものが見えるでしょう。

きっとあなたの心は癒されるでしょう。

植物と妖精

カテゴリ:私生活

10/13

先日、いつも美味しい有機野菜でお世話になっている長坂農園の長坂さんから
ご自身の所で作られているお花を頂きました。

長坂農園さんの花
丁度、たまにお店にお花飾りたいなあと思っていたら、何とお食事に来ていただいた
長坂さんからお花をわけて頂きました。生き生きとした見事なお花で、お店の中の
空気が精妙になったような感覚がします。

長坂さんはお花だけでなく生命力あふれエンザイム(酵素)をいっぱい含んだ
美味しい有機野菜もつくられています。仕事柄、多くの野菜の生産者の方々と
お会いしますが、美味しい野菜をつくられる方々は人柄が良いと言うか優しい
方が多いように感じます。

実はそれには理由があって、花にしても野菜にしても植物の成長には必ず
妖精(自然霊の一種)が関わっており、せっせ、せっせと植物に生命力を
運んでいると言われています。

妖精は臆病で、かつ心の優しい人であるほど近づきやすく力を貸してくれます。
言わば、植物を育てる事が上手な人はその妖精に気に入られているという事で
妖精との連携がうまくいっているという事が言えるでしょう。

ですから植物は愛情いっぱい注げば注ぐほど元気に育って行きます。逆に関心が
薄くお水と肥料を上げて日に当てておくだけでの育て方では良く育たないものです。

植物や野菜を育てる人がその目的を「人の為、誰かの為に」という気持ち
「自分を役立てるんだ」という気持ちになった時、その人の心はますます
精妙化し、妖精との連携が加速します。世の中にはその恩恵にあずかり
大成功している生産者の人が数多くいます。
長坂農園

プロフィール

全記事表示リンク

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

全記事表示リンク

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード